月に願う —コネコビト—

 カーテンから洩れる月明かりに、目を瞬かせる。
 柔らかい布団から起き上がったコウサは、音を立てることなく布団を出、薄暗い部屋で微かに揺れるカーテンを少しだけ引いてから自分の目の高さにある窓の桟に小さな手を掛けた。
〈早くニンゲンになれますように〉
 窓ガラスの向こうで煌々と光る月に、小さく願う。振り向いて見えた、コウサ用の布団に並ぶ布団で眠るコウサの保護者『おさとさん』の穏やかな寝顔に、コウサは小さく唇を噛みしめた。
 ニンゲンになりたい。でも、おさとさんとも、ずっと一緒にいたい。両立しない願いに首を横に振ると、コウサは、おさとさんの布団にそっと、潜り込んだ。

(注:この物語は、相沢ナナコ様@タヌキリス舎が制作する「コネコビト」シリーズのスピンアウト作品です)
 

(終)
2016.10.1.  風城国子智(作者の現状と若干の注意)

WindingWind 風城国子智