飾り気の無い(300字SS『飾る』)

「リュリも、綺麗な被り布、着ければいいのに」
 サーラが都で着るドレスの仕上げをしてくれている小さな影が頭に被る白く広がった布に、小さく尋ねる。サーラに縫い物と計算を教えてくれる年上の女性、リュリは、サーラの言葉に微笑んで首を横に振った。
 リュリが被る飾り気の無い布は、どこにも嫁がないまま年を経てしまった者の印。青白い顔を隠す真っ白な布は、物静かなリュリにはとても良く似合っている。それでも、ふと、思ってしまう。もしもリュリが、今サーラ用に縫っている深紅のドレスを着、サーラが被る赤い野薔薇が刺繍された被り布を身に着けたら。きっと、都に嫁いだ姉様よりも美しい。心に浮かんだ幻想に、サーラは小さく微笑んだ。

(終)
2017.3.4.  風城国子智(作者の現状と若干の注意)

WindingWind 風城国子智