Amethyst

 濃紫色に染まった部屋の床に、一つの影が倒れている。
 ふわりと広がった栗色の柔らかい髪が、影がまだ少女であることを告げていた。
「今回も、駄目だったか」
 動く気配すらない、少女の影を一瞥し、深い溜め息をつくのは、髪に少しだけ白髪の混じる、それでもまだ精悍そうな男。男はそのまま、傍らに置かれた、少女が飲んでまだ半分残っているワイングラスを手に取り、残っていた紫色の酒を飲み干した。
 多量の金貨と引き換えに男の許へとやって来た没落貴族の娘に、何の感情も湧かない。これは、呪いなのだ。その呪いを知っていて、それでも金に目が眩んだ少女の両親は可哀想な少女を男に売った。それだけの、話だ。
 それでも、……男を知らずに死んだ少女に、慈悲を掛けるくらいは良いだろう。
 男は少女の身体を抱き上げると、紫に染まった少女の唇に、自分の唇を重ねた。

「お帰りなさいませ、旦那様」
 聞き慣れた執事の声に、我に帰る。
「ああ、ただいま、ヘンリー」
 それでも快活に、ヴィクターは執事ににこりと笑いかけた。
「留守の間、変わったことは無かったか」
「いいえ」
 都会から帰った後の、いつも通りのやりとり。そして何時もの如く、執事ヘンリーが顔を曇らせていることが、見なくても分かった。
「今回も、また……」
 らしくなく語尾を濁したヘンリーに、殊更快活に笑う。
「ああ、失敗だ」
 それ以上何も言わず、ヴィクターはヘンリーに帽子とコートを渡した。
「ああ、そうそう」
 そしてそのまま玄関ホールを大股で横断しようとしたヴィクターに、ヘンリーの声が響く。
「トレヴァー様が、昨日いらっしゃいましたが」
 執事の口から出て来た言葉に、くるりと、振り向く。しかしあくまで平静な執事の顔に、ヴィクターは再び執事に背を向けた。ヘンリーの調子から察するに、おそらくあいつは玄関に足を踏み入れること無く追い出されたのだろう。いい気味だ。ヴィクターは執事に見えない所で、そっと静かに笑った。『試練』を受け、乗り越えることができれば、いつでも養子に迎えてやる。零細貴族であった母の、同じくらいの零細貴族に嫁いだ妹の息子であるトレヴァーにはいつもそう言っているのだが、臆病なあいつは『試練』を受けるとすら言わない。ただひたすら、ヴィクターの財産を狙って、この屋敷周辺に現れるだけの、意気地無し。
 しかしながら。
〈何時になったら、この呪いから解放されるのでしょうかね。私達一族は〉
 玄関の向かい、二階へ続く豪勢な階段の踊り場の一番目立つ場所に飾られた、初老の男性の肖像画に、そう、心の中で尋ねる。この肖像画の人物が、一族を起こした初代ヴィクター。それから代々、家を継ぐ長子はヴィクターを名乗っている。
 初代ヴィクターが、森林地帯であったこの地を開拓したとき、森に住む妖精から呪いを受けた。屋敷の地下に湧く、紫色の酒『アメシスト』。その酒は一族にとっては薬となるが、一族以外の者にとっては、毒。この紫色の酒を飲める者のみが、一族として認められるという、呪い。
 『アメシスト』を飲むことが、『試練』。その試練を乗り越えずに長子の養子となり、または長子と結婚した者は、その日のうちに紫色の液体を吐いて死んでしまう。ヴィクターの場合、『試練』を乗り越えた女のみが、ヴィクターの花嫁となりうる訳である。……その女性は未だ、ヴィクターの前に現れてはいないが。
 私の気力が続くうちに、『試練』を乗り越えることができる女人が現れるだろうか? 壁にかかった鏡に映る、白髪の分布に溜め息をつく。『呪い』のことは、国中の貴族が知っている。だが、ヴィクターの一族が持つ莫大な財産は魅力的に映るらしく、貧乏な没落貴族からの娘の紹介は、引きも切らない。それでも、『試練』を乗り越えることができる女人は、未だ現れてはいない。これからも、現れる確率は低いだろう。
 時々、この一族に生まれて来たことを、呪ってしまう。『呪い』という、ヴィクター自身にはどうしようもない理由があるとはいえ、『試練』を課すことで少女達の命を奪っているという罪の意識と、誰も『試練』を突破してくれない寂寥感が、ヴィクターを掴んで放さない。
 ヴィクターの父も、ヴィクターと同じ様に考えていた時期があったようだ。一族の歴史の中で初めて、父はこの土地を出、この国の首都に壮大な屋敷を構えた。だが、首都に構えた屋敷の地下からも『アメシスト』が湧き出したことで、父は『試練』から逃げることを諦めた。そう、父はヴィクターに話した。
〈それでも、貴方は伴侶を得た〉
 居間の壁に掛かる父の、自分に良く似た肖像画に、鋭く呟く。父の肖像画の横には、ふっくらとした笑みを浮かべている母の肖像画がある。薄い紫色の服を着た母は、本当に幸せそうに見える。実際、優しい父と不自由ない生活を送っていた母は、幸せだったのだろう。……子供が、自分一人だったとしても。
 父は、幸せだった。そして、母も。しかし、自分は?
 家に入れず、身体だけの関係であれば、女に『呪い』は振り掛からない。それで良いではないか。そう、思ったことも何度かある。だが。そのことを考えた途端に、ヴィクターの脳裏に浮かぶのは、一人の浅黒い肌の少女のこと。ヴィクターも少女もまだ未熟であった時に、ヴィクターは本能のままに少女を組み敷いたことがある。そのときの少女の、茂みに咲いたライラックの花を映した紫色の涙が、どうしても忘れられない。だから、でも無いが、行きずりの女と関係を持つことを、ヴィクターはいつも躊躇っていた。
「お茶をお持ちしました」
 執事の声で、我に帰る。
 振り返ると、銀器を持った執事の後ろに隠れるように、菓子の入った盆を持った少女の姿が、見えた。
「久しぶりだね、マリー」
 執事の後から盆をテーブルにそっと置く少女に、そう声を掛ける。少女マリーはヴィクターを見て、はにかんだような笑みを浮かべた。
 マリーは、十五年前に屋敷の玄関に捨てられていた少女。泣きもせず、ただ瞳を見開くばかりの赤ん坊を見つけたのは、ヴィクターだった。その赤ん坊を村人に預けず、屋敷で働く下男夫婦に預けたのは、赤ん坊があの浅黒い肌の少女に似ているような気がしたから。そして、下男夫婦が亡くなった後も、マリーはこの屋敷のメイドとしてくるくるとよく働いている。
 ヴィクターは時々、気が向けばマリーに字を教え、またヴァイオリンやピアノの弾き方も教えている。文字はともかく、楽器については、ヘンリーから「貴族の娘を育てているのではないのですよ」と要らぬ注意を受けるが、マリーは何でも一生懸命こなすので、つい好意を持って教えてしまう。口が利けないことを除けば、マリーは立派な『貴族の娘』で通るだろう。
「『アメシスト』を頼む」
 お茶を入れる執事に、にこやかに命じる。普段は寝る前にマリーがデカンタに入れて持って来るものを飲むのだが、今日は、……昼間から飲まないと、この寂寥感が収まらない。
「わかりました」
 ヴィクターの気持ちを知っているヘンリーはすぐに、一礼して部屋を出て行った。そして、執事の後から出て行こうとしたマリーを、ヴィクターは呼び止めた。
「お土産があるんだよ、マリー」
 部屋の隅に置かれた旅行鞄から、首都で買い求めた本の包みを取り出す。
 その包みごと、ヴィクターはマリーに渡した。
「開けてご覧」
 おずおずと、マリーが包みを破る。出て来たのは、美しい革表紙の重い本。
「中を見てご覧」
 抱き締めるように本を持ったままのマリーに、もう一度、声を掛ける。いとおしそうに本を開くマリーの瞳が、大きく見開かれたのを、ヴィクターは見逃さなかった。これが楽しみで、マリーに本を買って来たのだ。
 本の内容は、最近編集された童話集。色刷りの挿絵が美しい、少し高価な絵本。
「綺麗だろう?」
 ヴィクターの言葉に、マリーが頷く。
「音楽の授業も、最近やってなかったから、明日からまたやろうか」
 喜ぶマリーの顔に、ヴィクターの心も少しだけ軽くなった。
 このまま結婚できず、一族が絶えるなら、それはそれで構わない。困るのは、ヘンリーとマリーだけだ。
〈引退するなら、マリーに良い婿を見つけてからだな〉
 口の利けないマリーを邪険に扱わない、誠実な男を探さねば。本を見てニコニコと笑うマリーを見ながら、ヴィクターはそう、心に決めた。

 その、次の日。
 その朝は久しぶりに馬で領地を回ろうと思い立ち、ヴィクターは屋敷の裏手にある馬小屋へと向かった。
 だが。馬小屋周辺で響く声に、立ち止まる。下男夫妻が亡くなってのち、馬の世話は執事ヘンリーが雇った通いの村人に任せている。通いだから、彼が来る時間ではない。では、誰が居る? 好奇心に半ば負けたヴィクターは、厩の影からそっと、声が聞こえる方向を見やった。
 そこに、居たのは。
「だーかーらー、この瓶の中の毒をちょっとだけ、あいつが飲むあの気持ち悪い紫色の酒の中に入れてくれれば良いだけだって」
 調子良さげに話すのは、甥のトレヴァー。そして、トレヴァーの前で俯いて首を横に振っているのは。
〈マリー!〉
 危うく叫びそうになる。
 ヴィクターが見ている前で、トレヴァーはマリーの腕を掴み、その手に細口の瓶を握らせた。
「伯父が死んだら、財産は全て俺の物。お前にも少し分けてやっても良いぜ」
 渡された瓶を握ったまま、それでも首を横に振り続けるマリー。そのマリーに業を煮やしたのか、トレヴァーはいきなりマリーの横腹に蹴りを入れると、声も無く倒れるマリーを一瞥すらせずその場を去って行った。
「マリー」
 トレヴァーの姿が見えなくなってから、マリーを助け起こそうと、倒れているマリーに近付く。だが、気を失って倒れているマリーの、それでもその手にしっかりと握られた細口の瓶を見て、ヴィクターはマリーに背を向けた。

 その夜。
「マリー」
 いつものように『アメシスト』をデカンタに入れて持って来たマリーに、静かに声を掛ける。
「その酒を、飲み干しなさい」
 毒を入れるなら、おそらく早いうち。毒が入っていなくても、ヴィクターを裏切ったマリーは『アメシスト』の毒で死ぬ。自分を裏切る女など、必要無い。それが、ヴィクターの偽らざる心。
 マリーから奪うように手にしたデカンタからテーブルの上のグラスに『アメシスト』を注ぎ、マリーに渡す。グラスを受け取ったマリーは一瞬、ヴィクターを見たが、すぐに目を瞑り、グラスを自身の唇に這わせた。
 緊迫した時間が、流れる。
 一分経っても、二分経っても、目を瞑ったマリーの強ばった身体は、倒れる気配すらしなかった。
 これは、もしかすると。
「マリー」
 そっと、細い身体に手を伸ばす。
 次の瞬間、グラスが床で砕ける音と共に、マリーの身体はヴィクターの両腕の中に、あった。

 静かな寝息が、耳を打つ。
 ヴィクターのベッドに寝かされた、マリーの安らかな息が、ヴィクターの心を優しく撫でた。
「おそらく、過度の緊張で気を失ったのでしょう」
 ヴィクターの叫びで執事が呼んだ村の医者は、そう、言っていた。毒を飲んだ気配は、無いと。そう。『アメシスト』を飲んだのに、マリーは死ななかった。『試練』を超えたのだ。
「旦那様」
 何時に無く憔悴しきったヘンリーが、二つの包みを持って現れる。
「マリーの部屋から、これが」
 包みの一つ、細長い形の物を、まずヘンリーはヴィクターに手渡した。
 包みの中身は見なくても分かる。トレヴァーがマリーに押し付けた、毒の入った小瓶だろう。ご丁寧に、包みにタグがついている。
「これは毒です。トレヴァー様から手渡されました」
 日付と共にそう書かれた、美しい文字に、目を細める。マリーは、ヴィクターを裏切った訳ではなかったのだ。トレヴァーがマリー以外の人間にヴィクター暗殺を示唆することを危惧し、首を横に振りながらもトレヴァーに同意した振りをして、毒が他の人の手に渡らないよう、必死で小瓶を握っていたのだ。疑って悪かった。心の中で、ヴィクターはマリーに謝った。
 そして。
「こちらを」
 ヘンリーがヴィクターに手渡した、もう一つの包みは、小さな紙製の箱。その箱の中には、ヴィクターの思い出を刺激する物が入っていた。
「これは」
「申し訳ありません」
 驚愕するヴィクターの耳に、ヘンリーの沈んだ声が響く。
 箱の中に入っていたのは、ヴィクターが昔、あの浅黒い肌の少女に手渡した、母の形見のロケット。屋敷の玄関前に捨てられていた赤ん坊が持っていた物を、ヴィクターより先に赤ん坊を見つけたヘンリーが拾い、隠したものだという。
 そう、すると。更なる驚愕が、ヴィクターを襲う。マリーは、俺の、娘なのか?
「本当に、申し訳ないことをしました」
 再びヴィクターに向かって頭を下げるヘンリーの声が、ヴィクターの思考を裏付ける。
「そうか」
 ヴィクターはヘンリーに、その一言しか言えなかった。

 次の朝。
「おはよう、マリー」
 メイド服のまま、おずおずと朝食後のお茶を運んで来たマリーに、ヴィクターは優しく声を掛けた。
「今日、トレヴァーが来たよ」
 トレヴァーという名前に、びくっと身を震わせるマリー。その反応を面白がりながらも、ヴィクターは優しく更に付け加えた。
「もう来ないがね」
 朝早く屋敷に現れたトレヴァーを、ヴィクターはヘンリーに言いつけて朝食の席に誘った。そして出した料理全てに『アメシスト』を入れるよう、ヘンリーに指示した。勿論トレヴァーは何も考えずに朝食を食べ、『試練』を乗り越えることは無かった。
 自業自得だ。トレヴァーの死に顔を思い出し、顔を顰める。
 あいつのことはとっとと忘れて、今はマリーのことに集中しよう。自分の嫁探しは終わりだ。『試練』を乗り越えることができる誠実な男を、マリーの為に見つけよう。
 まだおどおどと自分を見詰めるマリーに、ヴィクターは今度は父親のように優しく笑いかけた。

(終)
2013.3.25.  風城国子智(作者の現状と若干の注意)

WindingWind 風城国子智