誰も知らない声

 冷え冷えとした風に、僅かな声が混ざる。
 しかし顔を上げても、荒んだ通りには人の影一つ見当たらなかった。
〈また、だ……〉
 通りに並ぶ、半ば壊れたスレート葺きの屋根の向こうに見える灰色の空を見上げ、息を吐く。この街に暮らすようになってからずっと、時折響く泣き声にも似た声が耳について離れない。再び、人気の無い通りに目を戻し、ウルは幅広の肩を竦めた。実体の無いものに苛立つのは、自分らしくない。それでも、泣いているのか、それとも歌っているのか分からない声が心に引っかかっていることは確か。
 唇を噛みしめ、壊れた石や煉瓦の欠片が散らばる通りを歩く。とっととこの街をずらかるのが一番の方策だとは、分かっている。だが、何故か、踏ん切りがつかない。足下の石を、ウルは強く蹴りつけた。
 帝国の西側、丘と呼ぶには急峻な山々の更に西側に広がる、平原。その平原を開拓する人々を送り出し、そして平原を跋扈する魔物を平原内に留める為に作られたのが、この『始まりの都』という名の砦。だが、一時は繁栄を見せた平原は、じわじわと地中から湧き出てきた『白い土』によって不毛の地と化した。『白い土』と同時に発生した病魔にも、人のみを襲う闇にも似た魔物達の襲撃にも耐えられなくなった人々は平原を見捨て、この砦を経由して丘の東側へと去って行っている。その人々に紛れることさえできれば、誰にも咎められることなく、この砦を脱出できる。だが、ウルがそれをしない理由は、自分の罪を後悔しているからではない。
 と。
「……あ」
 驚きに怒りの混じった声が、立ち止まったままのウルの耳に響く。顔を上げて視界に入ってきたのは、横の通りから出てきたばかりのぼろをまとった集団。皆一様に顔が朱いところをみると、この近くにある安酒場でしこたま飲んだ後らしい。
「おまえ、ウルじゃないか」
 その集団の一人が、ウルの前に立つ。見上げるように睨む濁った瞳と、濁酒のものであろう腐った臭いに、ウルは口の端を下げた。
「おまえもとうとう捕まっちまったのか」
「いい気味だぜ」
 ウルを囲む酔った集団に、見覚えはない。だがおそらく彼らは、ウルが窃盗の相手に選んでいた、砦と丘の間の一日ばかりの行程に潜んで平原を脱出する人々に強盗を働いていた見下げた奴らの一部だろう。集団から聞こえてくる怨嗟の声から、ウルはそう推測した。人手が足りない為、平原の人々を守る任を果たしている部隊『翼持つ者』は、平原で罪を犯した者への罰として『翼持つ者』部隊での数年間の奉仕を言い渡しているらしい。人から奪うことしか知らないこんな奴らまで使わないといけないとは。ウル自身、彼らと同じような理由で似たような罰を受けている身だが、それでも、ウルを囲んだ連中の肩できらめく、『翼持つ者』の印である羽根を模した留め金に小さく鼻を鳴らすと、ウルの胸ぐらを掴もうとした毛むくじゃらの手を、ウルは一動作で払いのけた。
「このっ!」
 その動作が気に触ったらしい。ウルを囲んでいた連中が一気に色めき立つ。これくらいなら、拳だけで十分だ。少なくとも、身体を動かしている間はあの耳障りな声は聞こえてこない。間合いを確認する為に、ウルは目をぎょろりと動かした。その時。
「何をしている」
 高いが落ち着いた声が、空間を揺らす。ウルを囲む連中の向こうに見えた華奢な影に、ウルは思わず舌打ちした。ここで、あいつが出てくるとは。
「私の部下に、何の用だ?」
 ならず者連中が一度殴っただけで倒れそうな華奢な身体が、ウルとウルの周りを囲む連中の方へゆらゆらとやってくる。その、女にしか見えない丸顔と、砦の外壁と同じ色をした今にも解れそうな剣帯、そして胸元で揺れる白い牙を確かめる前に、ウルを囲んでいた連中は華奢な影の方へその牙を向けた。
「女は黙ってろっ!」
 侮蔑の言葉と共に、遠慮無い拳が華奢な身体を襲う。だが、ウルの予想通り、華奢な影は揺れるようにその拳をかわすと同時に、一瞬の動作でその拳の主を地面に沈めた。あの動作は。忘れていたはずの腹の痛さを感じ、心の中で呻く。今朝、不意を突いたウルを石床に沈めた拳と同じだ。
「やったな!」
「このやろう!」
 手酷く反撃されるとは思っていなかったらしい、ウルを囲んでいた連中の拳が一気に華奢な影に襲いかかる。だが、華奢な影、ウルが不本意ながら従っているこの砦の守護部隊『夜を守る者』の年若き隊長カイは、腰の剣を抜くことなく、ならず者たちの拳と短刀を悉くかわし、そして数瞬の後には、ならず者全てを荒れた通りに沈めていた。
「行こう、ウル」
 いつものことながら、強い。不本意にも感心してしまったウルの太い腕が、カイの華奢な腕に引っ張られる。
「『翼持つ者』の隊長に知られたら、何て言われるか」
 肩を竦め、横道にウルを誘導するカイの小さな声にウルは思わず口の端を上げた。平原を守る『翼持つ者』と砦を守る『夜を守る者』との微妙な仲は、この砦に暮らして間もないウルでも雰囲気だけは掴んでいる。
 と。
「……わっ」
 細い道を走っていたカイの足が急に止まる。何があった? ウルが首を傾げるより前に、カイはウルの足下にしゃがんだ。
「あ……」
 地面からカイが拾い上げたのは、先程までは確かにカイの右肩に掛かっていた剣帯と、『夜を守る者』の正隊員の証である獣の牙。おそらく先程の小競り合いで短刀の餌食になったのであろう、その、拙い編み方をした飾り紐と、暗い青と汚れた白の線が互い違いに見える毛羽立った細い布を握って俯くカイは、ならず者たちを殴っていたときとは全く異なる、普通の少年の顔になっていた。
「これでは、もう……」
 剣帯の破れ具合を確かめたカイの小さな声に、思わずその細い肩に手を置く。生きる為に窃盗行為を繰り返していたウルを捕らえた『翼持つ者』も、そのウルを奉仕で縛り付けている『夜を守る者』も、確かに憎い。それでも。
「直せないのか?」
 小さな声で、尋ねる。
「あるいは、別の布で新しく作るとか」
「飾り紐は、編める。けど、……この布の織り方を知っていたのは、母だけだった、から」
 ウルの問いに、カイは小さく首を横に振った。
 何も、言えない。風に混じる泣き声が大きくなった気がして、ウルは素早く首を横に振った。


「ほら、起きろっ!」
 怒鳴り声と共に、身体から暖かさがはぎ取られる。開かない目をどうにか開くと、蝋燭の小さな光が眩しくウルの目を射た。
「時間だ」
 濁声を発する影、『夜を守る者』の副隊長タウノの声と共に、蝋燭の光が遠ざかる。黒い布で覆われた寝部屋が真の暗闇に戻る前に、ウルはベッド側のマントとベルトと剣を引き掴み、タウノが持つ蝋燭の後を追いながらそれを身につけた。
 マントを羽織ると同時に、『始まりの都』をぐるりと守る堅固な城壁の歩廊に出る。昼間とは違う、身を切る寒さに、ウルは支給物である分厚いマントを身体に巻き付けた。
 ウルとタウノが出てきた、城壁に設えられた塔のすぐ側で、『夜を守る者』の隊長カイが、カイの母でもあった『夜を守る者』の前の隊長が拾ったという身寄りの無い平原育ちの少年ブランに剣を教えているのが見える。その、ウルに全く気付いていない、無防備に見えるカイの背中を認めるや否や、ウルはマントを跳ね退け、腰の剣をその華奢な背中に振り下ろした。だが。
「隊長っ!」
 剣を取り落としたブランが叫ぶ前に、ウルの視界からカイの姿が消える。腹から背中に抜けた衝撃に、ウルはしっかりと握っていたはずの剣を取り落とした。
「今日も負けだな」
 ある意味不作法なウルの不意打ちを黙って見ていたタウノが、肩を竦めてウルを見る。
「いい加減諦めたらどうだ」
 口の端を上げたタウノを睨んでから、ウルは荒れた歩廊の石床に落ちた剣を拾った。カイの方は、何事も無かったかのように、ウルの腹を叩く為に屈めた身体を元に戻し、狭間胸壁の向こうに広がる暗い平原を見つめている。カイの胸元で揺れる獣の牙には新しい飾り紐が巻かれているが、剣帯の方は修理できなかったのであろう、模様のない灰色の帯が、華奢なカイの肩に小さく引っかかっていた。
「さ、もう遅い。ブランは寝なさい」
 そのカイが、心配顔で側に来たブランの手入れされていない髪をもしゃもしゃと撫でる。
「むぅ……」
 不満の声を上げたブランを諭すように、カイはもう一度ブランの髪を優しく撫でた。
「ちゃんと寝ないと大きくなれない。少なくとも私より大きくなってもらわないと正隊員は無理だ」
「……分かりました」
 膨れっ面をしたブランが、それでもカイとタウノ、そしてウルを見てから隊員の詰所がある塔の中へと消える。その小さな姿が消えてから、タウノはカイの方へと歩み寄った。
「では、我々も見回りに行きますか」
 そのタウノに引き続き、ウルもカイから離れる。だが。
「ブランが大きくなったら、正隊員に任命するつもりなのか、カイ?」
 不意に発せられたタウノの言葉に、ウルの足は止まった。
「いいえ」
 カイが発した、静かな言葉が、冷たい空間を震わせる。
「それまでに、終わらせるつもりです」
 振り返って見た、カイの顔は、少年に見えないほどの冷徹さに満ちていた。

 ランタンを持つタウノの背を見失わないように、暗い空間を歩く。かつては繁栄を誇っていた城壁も、今は所々すり減ったり欠けたりしている。毎夜歩いていても覚えきれないその危険な箇所に神経をすり減らしながら、ウルは、平原を油断無く見つめながら平然と歩くタウノを見つめていた。
 心に引っかかっているのは、カイの強さと、表情。平原を跋扈する魔物達から『始まりの都』を守る為に強さが必要なことは、分かる。だが、先程見た、年齢にそぐわない沈痛で冷徹な表情は必要なのだろうか。破られた母譲りの剣帯に俯いたカイの方が、ウルには好ましく見える。
「……なあ、タウノのおっさん」
 だが、ウルの口から出てきた疑問は、カイに関することではなかった。
「おっさんは余計だ」
「泣き声、聞こえないか?」
 カイのことを考える度に、風の中に含まれる咽ぶような声が大きくなっているような気がする。ウル以外には、その声が聞こえていないのだろうか? 風の中、平然と歩くタウノに、ウルは疑問をぶつけた。
「俺には、聞こえないが」
 足を止め、ウルの方を向いたタウノが、首を傾げてウルを見上げる。
「『夜を守る者』を辞めていった奴らの中には、聞こえていた奴もいるらしい」
 それは『白の土』が発する瘴気にたおれた者達の無念の叫びか、それとも闇に巣くう魔物達に喰われてしまった者達の悲嘆の声か。時折、風の中に咽ぶ声を聞く者は、砦の中にも確かにいるらしい。それを聞いて、ウルはほっと胸を撫で下ろした。自分一人に聞こえる声では、ない。
「隊長が倒した魔物達の怨嗟が、風の中に残ってるって言ってた奴もいたな」
 そう言ってにやりと口の端を上げるタウノに、息を吐く。確かに、あのカイなら、そのような噂も立つだろう。
 その時。ずっと向こうに見えていたはずの、平原を他地方から隔てる丘が、急に暗く霞む。
「魔物っ!」
 突然のことに戸惑うウルの視界に、闇に向かってタウノが槍を投げた姿が映った。
「ぼけっとするなっ!」
 タウノにどやされるまま、ウルも、持っていた槍を投げる。タウノとウルを覆うように見えた闇はすぐに、発生したときと同じように唐突に、消えた。
「小さい魔物で良かったぜ」
 そう言って胸壁狭間から下を見たタウノが、舌打ちと共に肩を竦める。
「でもなかったか」
 城壁の下、淡い白に覆われた大地に立っていたのは、剣を下ろして息を吐く華奢な影。何時の間に、ここまで? 『夜を守る者』の隊長の役割通り、塔の側に立って隊員達を指示していたのではなかったのか? まだ遠くに見える、隊員達の詰所を兼ねる灰色の塔を確かめるように見やってから再び、塔の方へと大地を走るカイの敏捷な影を見つめ、ウルはタウノと同じ息を吐いた。
 カイの敏捷さに慣れているのか、タウノが再び、おもむろに歩廊を歩き始める。とにかく、もうすぐ夜が明ける。歩廊を一周し、あの塔まで辿り着けば、今夜の任務は終わりだ。ほんの少しだけ暗さが消えた空を見上げ、ウルはゆっくりと微笑んだ。
 だが。塔の向こうに見えたどす黒い影に、足が止まる。
「またかっ!」
 舌打ちする前に、ウルの前のタウノが胸壁に立てかけてあった細い槍を影に向かって投げた。
「夜明けまで踏ん張れっ!」
 叫んで走るタウノの後を、追う。不意に横に現れた、塔よりも高い、壁のような影に、ウルの意識は一瞬にして圧倒された。震えで、手にした槍を投げることができない。この世の中に、姿だけで圧倒される存在があったとは。ウルは呆然と、自分に向かって落ちてくる影を見上げていた。だが。ウルの眼前まで来たその影が、不意に、薄れる。夜明けが、来たのだ。きらきらと輝く平原に、ウルの呪縛はすぐに解けた。と、その時。
「カイっ!」
 叫ぶタウノに、はっとして胸壁狭間から下を見る。白い大地に横たわる、今にも消えそうな影に、ウルの全身は先程までとは違う理由で震えていた。

 再び、夜がやって来る。
 だが、カイは目覚める気配すら示さなかった。
「まあ、しゃーないな」
 城壁にただ一つ建つ塔の最上階にある、黒い布を張り巡らせた『夜を守る者』隊長専用の寝室。その部屋の、黒い帳に囲まれたベッドで眠るカイの熱に浮かされた額にそっと手を触れたタウノが吐いた息を、ウルは黙って聞いていた。昨夜タウノとウルが発見した小さな影を退治する前にも、カイは塔から少し離れた、平原側に開く正門を襲った数匹の魔狼を剣一つで退治していたらしい。一夜に何体も魔物を退治すれば、魔物が発する瘴気に当てられて倒れるのは当然。いつものことながら、無茶をする。夜間の見回りに出る為に部屋を出る時にタウノが発した溜め息に、ウルも唸って頷いた。
 何故カイは、一人で無茶をするのだろう? 苦しげに息を吐くカイの頬を撫でてから、ベッドの反対側の壁を見る。その壁の裏側、『夜を守る者』隊長の執務室の壁には、飾り紐で飾られた『夜を守る者』の正隊員の証である、遠い昔に盟約を結んだ優しき獣からもらったという白い牙が留めつけられている。その数は、確か十五。一つは、カイの母であり前の『夜を守る者』の隊長であったキーラが遺したもの。そして残り十四は、病気や怪我、加齢などで隊を去った者達のもの。『夜を守る者』の隊長になってからずっと、カイは新しい正隊員を任命していない。カイをこの部屋に運んだ時に、タウノは確かにそう、言っていた。前の隊長キーラが任命した残り十六人の正隊員達と、ウルのように罪を償うという名目でこの場所に送られてくるならず者達を任命した見習い隊員達だけで、カイはあの強大な魔物達と対峙している。……殆ど、一人で。それで良いのだろうか? 聞こえるはずのない風の音に聞こえるはずのない咽び声が混じった気がして、ウルは強く首を横に振った。
 と。
「……まさか」
 前触れもなく毛布を蹴って起きあがったカイに瞠目する。ウルが止めるよりも素早く、カイはベッド側に置かれていた自分の剣を掴んで部屋を飛び出し、執務室から屋上へと続く階段を駆け上っていた。
「カイっ! 待てって!」
 そのカイの行動の唐突さに驚く前に、カイの後を追って階段を駆け上がる。塔の屋上で目にしたものに、ウルは全身の震えを止めることができなかった。
「なっ……」
 高いはずの塔より高い場所に、どす黒い色をした巨大な人の顔が見える。呆然としてしまったウルの前で、空間を薙いだ黒い腕のようなものをカイが瞬時に叩き斬った。
「逃げろっ、ウルっ!」
 再び襲ってきた腕を叩き斬ったカイがウルの方を見ずに叫ぶ。逃げるわけにはいかない。屋上に常備してある弓矢を掴むと、ウルはこちらを見つめているような気がする影の眼窩に見える場所に向かって矢を放った。次の瞬間。矢が影の中に消えると同時に、腕のようなものが二方向からウルを襲う。
「ウルっ!」
 カイに突き飛ばされ、石床で腹を打ったウルが見たのは、無防備なカイの背を突き刺す槍のような影。力を失ったカイの身体は、影が持つ別の腕に捕らわれ、塔の向こうの巨大な影の中に消えた。
「カイっ!」
 石床に広がる黒い血に、全身が戦慄く。カイが、ウルがどうしても打ち倒せなかったあの少年が、こんなにも、あっけなく。呆然と、冷たい石床に、ウルは膝をついた。
 その時。ウルの眼前を、白い影が走る。
「なっ……!」
 あれは、まさか。ウルが立ち上がる前に、白い獣は塔屋上の胸壁を蹴り、カイを飲み込んで満足したのか塔から離れかけたどす黒い影の首筋にその鋭い牙を突き立てた。複数の手を伸ばして白い獣を追い払おうとする影を翻弄しながら、白い獣は素早く次々と、震える影をその牙と爪で切り裂いていく。その、強く美しい獣の戦いを、ウルは呆然と、見つめていた。
 幾許も無く、どす黒かった影はその黒さを失う。その時になって初めて、ウルは再び、風の中の咽び泣きを聞いた。そして。塔の胸壁に降り立った白い獣がくわえていた小さな影に、はっとして獣の方へと走り寄る。
「カイっ!」
 獣から受け取ったカイの身体は冷たく、その華奢な胸は赤黒く染まっていた。悲しみが、胸を貫く。この場所を守る為に一生懸命だった、こんな小さな存在を、……死なせてしまった。瞳の熱に、ウルは思わず瞼を閉じた。
 その時。
「……タウノ」  消えそうな声が、耳を打つ。瞼を上げると、カイの頬に鼻面を寄せた獣の方へと、カイが動かない腕を伸ばしていた。
「何で? 何で、……変身を」
 悲痛に響くカイの言葉に、目の前の獣を見直す。『夜を守る者』達が身に付ける、優しき獣との盟約の証である牙。その牙には、一夜だけ、優しき獣と同じ姿と力を持つものに変ずる『力』があるという。ウルの目の前にいるその獣は、おそらく、あの強大な魔物からこの『始まりの都』を守る為に、『夜を守る者』隊員の誰かが、カイの言葉を信じるなら、おそらく、タウノが変じた、姿。
 閉じたカイの瞳から流れ落ちる涙を、白き獣がその舌で拭う。次の瞬間、朝の最初の光が塔を照らすと同時に、白き獣の姿は光となって消えた。


 強大な魔物の襲撃から五日経ってもなお、カイは生死の境を彷徨っていた。
「大丈夫、だよね、隊長」
 昼も夜もずっと、カイが寝かされている塔の最上階をうろついているブランの、震える唇を見下ろしてから、ウルはカイと同じように、ブランの手入れがされていない髪をそっと撫でた。
「大丈夫さ」
 確かに、タウノが変じた獣から受け取ったカイの身体は、生きているとは思えないほど冷たかった。だが今は、その熱をほぼ取り戻している。後は、意識を取り戻してくれさえすれば。医術の心得のある隊員の言葉を思い出しながら、ウルは一人頷いた。そして。
「寝ないと大きくなれないぞ」
 夜更けだというのにまだぐずぐずとカイの寝室に居座ろうとするブランに、できるだけ軽く言葉を掛ける。
「『夜を守る者』になりたいんだろ? カイより大きくならないと任命できないってカイも言ってただろ」
「見習いのウルに言われたくない」
 いつになく生意気な口を利いたブランは、それでもカイの言葉を思い出したのか、しょげた顔で部屋を去る。カイと二人きりになり、ウルはカイの、痩けてもまだ女性に見える青白い頬に指を這わせた。
 と。
「……あ」
 消え入りそうな声とともに、カイが目を覚ます。再び閉じそうになったその瞳の光の確かさに、ウルはほっと息を吐いた。
 そのカイの瞳が、ウルの横を彷徨って止まる。カイが見つめる、ベッド横の腰棚に置かれたものに、ウルは思わず、唇を震わせたカイから目を逸らした。優しき獣との盟約により一夜だけの獣に変じた者は、朝日にその姿を溶かす。残るのは、一対の牙のみ。その牙の片方を葬り、もう片方を飾り紐で飾るのが、『夜を守る者』の隊長たるカイの務め。おそらく、タウノが残した牙をも、カイは執務室の壁に飾るのだろう。そう、考えるより先に、ウルはつと右手を伸ばし、カイが掴んだタウノの牙の片方を取り上げた。
「この牙を、俺にくれ」
 カイが目を覚ましたら言おうと思っていた言葉を、口にする。『夜を守る者』の正式な隊員になりたいわけではない。ただ、……この強く儚い存在を、守りたい。ただ、それだけ。
「だめ」
 そしてウルの予想通り、カイはウルが持つ牙の方へその細い腕を伸ばした。
「誰にも、変身して欲しくない」
 ウルの推測通りのカイの本音が、仄暗い空間に響く。牙を持つウルの右手を掴んだカイの小さな手に、ウルは自分の大きな左手を乗せた。
「大丈夫。変身は、しない」
 そして優しい嘘をつく。
「おまえを手伝ってやりたい。それだけだ」
「本当に?」
 ウルを見上げたカイの、幼い瞳に強く頷く。
「本当に?」
 もう一度念を押すカイに、ウルはにやりと口の端を上げた。
 無言の時が、流れる。
「だったら」
 飾り紐を、作るから。小さな声でそう言ったカイに頷くと、ウルはタウノの牙を持ったまま執務室に向かった。
 隊長専用の広い机の引き出しから、古ぼけた色をした糸の束を持って寝室へと戻る。タウノの牙の片方を掴んだまま、カイは安らかな眠りに落ちていた。

(終)
2016.3.22.  風城国子智(作者の現状と若干の注意)

WindingWind 風城国子智