道標の代わりに

 瞳に映る、見覚えのない高い天井に、目を瞬かせる。そっと横を向くと、大きく開いた窓の向こうに、白い地面に映える緑色の線が見えた。
 ここは、何処? 意外に柔らかい枕に乗る動かない頭で、これまでのことを思い起こす。アイラは、平原に暮らす人々を守る『翼持つ者』の一員。地面から湧きいでて作物を枯らし人々を蝕む『白い土』と、夜の闇に紛れて家畜や人々を喰らう闇色の魔物から逃れる為に平原を離れようとする人々を守る職務を負っていた、はず。なのになぜ、自分はこんなところにいる? もう一度、開いた窓の外を見、アイラは目を細めた。なぜこの場所では、植物が育たないはずの『白い土』の上に植物にしか見えないものが育っているのだろう? 平原が草や作物で覆われていた頃は、穏やかな風が吹く暮らしやすい場所だったのに、『白い土』のせいで植物が全て枯れてしまって以来、平原に吹く風は人々を打ち倒すほど強く、そして砂を含んだ熱いまたは冷たい風となってしまっている。その砂嵐に、アイラと、道に迷っていた『翼持つ者』の小さな一団は巻き込まれてしまった。そして。……仲間は? 他の、一緒にいたはずの隊員達は? 動かない身体で見回すまでもなく、アイラが寝かされているこの小さな円い部屋にいるのは、アイラだけ。冷たい事実に、アイラの目から涙がこぼれた。
 と。
「気が付いたか?」
 小さな椀を持った人物が、アイラの隣に現れる。知らない人だ。この場所に住んでいる人だろうか? アイラはじっと、瞳の横の、小柄な影を見詰めた。真っ白な髪に、血の気のない頬。アイラに差し出した椀を支える両手も、土気色だ。この人の方が、食べることを必要としているのではないだろうか。そう思いながらも、アイラは自分の食欲のままに上半身を起こし、小柄な影から温かい椀を受け取った。椀の中身は、具が入っているのかといぶかしむほどに薄いスープ。それを一息に飲み干すと、アイラはふうと息を吐き、そして尋ねた。
「あなたが、私を助けてくれたの、です、か?」
「ああ」
 アイラの問いに、小柄な影が小さく頷く。
「他の、……隊員達、は?」
「誰も、いなかった」
 君一人が、あそこに倒れていたんだ。小柄な影が指し示した、緑の線の向こう、蒼黒い石垣の先に見える白い砂の山に、息を吐く。砂嵐で仲間と方向を見失い、アイラだけが、この場所に辿り着いた。はぐれた仲間達も、無事に砂嵐を脱出してくれていたら、良いのだが。目を瞑り、アイラは虚空に、祈った。
「もう少し眠っていた方が良いようだね」
 そのアイラの手から、椀が消える。横になったアイラに薄い毛布を掛けてくれる、小さく冷たい手に、アイラは頷いて目を閉じた。

 次にアイラが目を覚ましたときには、辺りは既に夜の闇に包まれていた。窓の雨戸も、閉じている。その雨戸を押し開けると、白色の土と夜の闇に濃くなった緑の上に、きらきらと輝く無数の星があった。これなら。ベッド側の椅子の上に置かれていた自分の背負い袋から、折り畳まれた紙を慎重に引っ張り出す。外に出て、星明かりの下で折り皺の付いた紙を広げると、教わった通りに、アイラは星と紙上の点とを一致させた。この紙は、星空から現在位置と進むべき方向を割り出すための『地図』。平原開拓の初期に、平原中を探るために作られたもの。『白い土』と砂嵐によって、平原中に張り巡らされていたはずの石畳の街道と、街道を示すために植えられていた細くしかし頑丈な『道標の木』が無くなってしまったが故に、迷子にならずに平原を歩くために再び必要になってしまったもの。
〈都から、まっすぐ歩いて三日、くらいのところね、ここは〉
 何度も紙を星空に透かして、アイラが今いる位置を確認する。アイラと『翼持つ者』達が拠点としている『始まりの都』から、意外と近い場所にいる。こんな場所に、こんな建物が有ったなんて。背後にある、塔に見えないこともない円筒形の建物を見上げ、アイラは感嘆の息を吐いた。その時。
「夜に外に出てはいけないよ」
 聞き知った声が、アイラの横に現れる。
「優しき魔物の血で守られているとはいえ、夜は危険だ」
 魔物が現れないうちに、建物の中へ。差し出された冷たい手を拒むことなく、蒼黒く見える石造りの建物の中に入る。夜の空気で冷えていたのだろう、壁に囲まれた空間に温かさを感じ、アイラはほっと息を吐いた。次の瞬間。アイラの胸にくずおれた小柄な影に、ぎょっとする。抱き締めた、その血の気のない身体は、震えるほどに冷たかった。
「だ、大丈夫?」
 引きずるように、小柄な身体をベッドの上に運び込む。
「大丈夫」
 眩暈が、しただけだから。小さな声に、アイラは胸を撫で下ろした。しかしながら。
「病気なら、明日一緒に『始まりの都』に行こう、ね」
 アイラの言葉に、小柄な影が頭を振る。そして、震える指が、アイラが開け放したままの窓の向こうを指差した。
「あの花が咲くまで、私はここを離れるわけにはいかない」
 平原に生える植物を調査していた小柄な影が、やっと見つけた、『白い土』でも育つ小さな草花。その種を、街道があった場所に蒔けば、『白い土』に負けない濃い緑色が、平原から逃げようとする人々と、それを助けようとする人々の道標になるだろう。しかし種を得るためには、……花が、必要だ。だから、小柄な影、植物学者でもある男は、打ち捨てられた、平原開拓初期に建てられたこの建物に住み着き、『白い土』に育つ小さな植物を育てている。
「あの花が、咲くまで」
 目を閉じ、何度もそう呟く小柄な影の、今にも消えそうな身体に、薄い毛布を掛ける。そして、小柄な影の静かな震えを見て取ると、アイラはそっと、その影の隣に滑り込んだ。この部屋には、ベッドは一つしかない。一緒にいれば、温かくなるだろう。思いは、それだけ。……いや。アイラの気配に微笑んだ白い髪に、アイラはこくんと頷いた。この人のことは、何も知らない。でも、……この人と、この一途な人と、ずっと一緒にいたい。それが、アイラの偽らざる想い、だった。

 開け放ったままの窓から差す日差しに、目を開ける。飛び込んできた光景に、アイラは目を瞬かせた。窓の向こうに、あったのは、間違いなく、……花。鮮やかな赤を持つ花が、白い地面一面に咲いている。
「見てっ! 花がっ!」
 隣に眠る、小柄な影の肩を、強く揺する。だが、アイラがどんなに強く揺すっても、その影は、……目覚めなかった。
「……そんな」
 息が、できない。
 呆然と、アイラは、安らかに眠る小柄な影と、朝日に光る花を交互に見つめ続けた。

「……本当に、姉さんはここに残るの? 行かないの?」
 アイラを馬車に乗せようとする姉キーラの、左薬指に光る金色の輪と背中で眠る乳飲み子を見やり、もう一度、問う。
「私には、ここでやるべきことがあるから」
 毅然とした姉の変わらない答えに、アイラは俯いて涙をこらえた。
「ほら、泣かない」
 そのアイラの背を、キーラが優しく撫でてくれる。
「アルト小父様が待ちくたびれてるわ。早く乗りなさい」
 いつも通りの、しかしどこか霞んで聞こえる姉の言葉に、アイラは頷き、避難する人々でほぼ埋まった馬車に乗りこんだ。
 キーラが閉めた馬車の戸の隙間から、生まれ育った『始まりの都』の蒼黒い周壁が遠ざかるのを見つめる。平原を開拓する人々を守り、平原を跋扈する魔物を平原の外へ逃さないようにする役割を持って建てられたこの都を再び目にすることは、できるだろうか? 馬車から飛び出したくなり、アイラは膝を抱えて目を瞑った。
 瞼の裏に流れるのは、『始まりの都』と同じ色の壁をしたあの建物で過ごした、一夜のこと。名前も知らないあの人を葬る間に、咲いたはずの花は全て散ってしまっていた。後に残ったのは、枯れた色をした茎と葉だけ。実は、種は、……取れなかった。あの建物の中に残っていた幾粒かの種を、都に帰る途中で蒔いてはみたが、ちゃんと育つかどうかは、分からない。だが。お腹の中で何かが動いた気がして、アイラは静かに微笑んだ。少なくとも、ここに、結果がある。いつかきっと、あの赤い花が示す道を辿って、あの方が待っている場所に行こう。もう一度、微笑み、アイラは遠ざかる平原に目を移した。
 

(終)
2016.5.14.  風城国子智(作者の現状と若干の注意)

WindingWind 風城国子智