模様を継ぐ者

 夕刻の横路地から飛び出してきた影に、危うくぶつかりそうになる。
 落としかけた、両腕で抱えていた荷物のバランスを何とか保ってから顔を上げると、この頑健な城壁に囲まれた街では知らない人はいない人物の、酷く腫れた瞼がエリカの目を射た。
「あら、あなたは」
 その人物、『始まりの都』と呼ばれるこの城塞都市を、平原を跋扈する魔物から守り通す役割を担う『夜を守る者』の隊長キーラの、ことさらに明るい声がエリカの耳に擦れるように響く。
「足の怪我は、大丈夫なの?」
「はい」
 おそらく土か砂であろう、細かな粒子に汚れた袖で顔を擦り、そして笑顔を見せたキーラに、エリカは感謝の意を込めて頷いた。
 エリカの家族は、この『始まりの都』から西へと広がる平原で代々、農業と牧畜を営んでいた。だが、平原を蝕む、地から湧き出て農作物を枯らす『白い土』と、闇を跋扈し人のみを襲う魔物達に追われるように、エリカの家族は安住の地を捨てた。目指したのは、『始まりの都』の東側に位置する丘を越えた、白い土にも暗い闇にも汚染されていない場所。しかしエリカの家族の内、この『始まりの都』まで辿り着くことができたのは、エリカと、一番下の弟だけ。そして。不毛の平原を昼夜となく歩き続け、夜更けになって辿り着いた都の城壁直前で魔物に襲われたエリカ達を、キーラは剣一つで助けてくれた。
「弟さんの具合は? まだ熱があるようなら医術の心得のある隊員を向かわせるわ」
 『白い土』から発せられる瘴気の故か、それとも過労からか、熱を出して寝込んでしまった弟ダンの様子を聞くキーラに、少しだけ微笑んで首を横に振る。ダンの熱は、まだ下がらない。だがお粥を食べる体力があるから大丈夫だろう。これはエリカが居候している宿の女主人の言葉。
「早く良くなるといいわね、弟さん」
 丘の向こうに行けるようになったら『夜を守る者』の庇護者である叔父夫婦に紹介状を書いてあげる。彼らならきっと、エリカが弟と一緒に暮らせるよう、良い身の振り方を考えてくれるわ。まくし立てるようなキーラの言葉に、エリカはもう一度、頭を下げた。『夜を守る者』正隊員の印である、飾り紐を施した大振りの牙がキーラの胸で大きく揺れる。キーラの声はあくまで明るく、『夜を守る者』の過酷な職務を背負う荒れた者達をまとめるのに十分な重さを持っている。しかしそれでも、エリカの耳に響くキーラの声は、どこか悲しみを帯びていた。
「ところで」
 そのエリカの腕が、急に軽くなる。
「たくさんの荷物ね。宿の女主人に頼まれたの?」
「あ、いえ、その」
 エリカが持っていたはずの荷物を抱えたキーラに、エリカは小さく声を上げて荷物を取り戻そうとした。だが。
「最近腰が痛いって言ってたわね、あの人」
 そのエリカの瞳に入ってきたのは、キーラの笑顔。
「手伝いが必要なら、見習いを行かせるのに」
 『始まりの都』内にある宿には、平原から逃げる者達の世話を頼んでいる。都に住む、困っている人々を助けるのも『夜を守る者』の職務。あくまで笑顔のキーラに、エリカは小さく俯いた。

 弟に夕食を食べさせてから、皿洗いの手伝いをし、再び自分と弟にあてがわれた部屋へと戻る。小さな屋根裏部屋の、斜めになった天井の下では、弟ダンが安らかな寝息を立てていた。
「……大丈夫、そうね」
 眠る弟の額に手を置き、熱が高くないことを確かめる。これなら、近い内にこの城塞都市を去り、丘の東側に行くことが、呪われた平原から去ることができる。ほっとするエリカの脳裏に浮かんだのは、夕方会ったキーラの、笑顔にそぐわない腫れた瞼。
 弟を起こさないよう、静かに、腰棚の引き出しを開ける。引き出しから取り出した細い布を小さな蝋燭の明かりで見つめ、エリカはもう一度息を吐いた。濃い蒼と白の縞に、細い赤と黒の線。魔物に襲われ怪我を負ってしまったエリカの足の血を止める為にキーラが巻いてくれた、キーラの剣を吊す帯。その厚手の布に広がる黒い染みに、唇を噛み締める。返さなくてはいけないのに、この染みは、取れない。せめて染みが見えないように縫い直すことはできないだろうか。少し凸凹している布を撫で、エリカははっとして布に顔を近付けた。この帯は、縦半分に折った布の端を縫って、袋状にしたもの。そして。自分の僅かな荷物の中から、弟に着せていた、エリカの家族が外仕事の際に身に着けていた貫頭衣状の上着を引っ張り出し、エリカは比べるように布の織り目に指を這わせた。間違いない。細く紡いだ経糸に太い緯糸を交差させて作る、エリカの母や祖母がしばしば床に足を伸ばして座り、織っていた布。足指と腰に回した紐で経糸を螺旋状に掛け渡した二本の太い棒を支えることによって経糸を張らせ、代々伝わるという特別な綜絖と杼を使い、母や祖母は家族が日常に使う布を織っていた。時々、祖母は平原で採取した草や泥を使って羊毛を染め、縞模様が出る織り方で父や兄の上着を作っていた。すっかり忘れていた家族の思い出に、涙がぽたんと、弟の模様の無い上着に染みをつけた。そうだ、この、織り方は。細い光の下でもう一度、キーラの剣帯をまじまじと見つめる。エリカの祖母の祖父の祖父は、丘の東の、更に東にある、鴎が飛び交う海で魚を捕っていたという。その人が暮らしていた海辺の村で織られていたのが、祖母も時折織っていた縞模様の布。海で遭難し、浜に打ち上げられた男達を見分ける為に、それぞれの家で異なる縞模様を織っていた。機織りを習い始めた頃のエリカに小さな声でそう言った祖母の声を、エリカはようやく思い出した。その、祖母の祖父の祖父は、漁に使う船が時ならぬ嵐で破壊されてしまった後、漁に行く度に祈っていた魚の神の導きにより、海の無いこの平原に家族とともに移り住んだ。そして今、その生き残りであるエリカは、新しく故郷になった場所を捨て去ろうとしている。ずっと昔の先祖が祈っていた神は、このことを知っているのだろうか? 蝋燭が消えてしまい、星明かりだけになった部屋と、眠る弟に目を落とし、エリカは小さく息を吐いて手の中の布を腰棚の引き出しに納めた。
 続きは、明日だ。

 翌日の午後遅く。
 綺麗に直した剣帯とともに、エリカは『始まりの都』を守る周壁へと向かった。
「あら、エリカ」
 丁度良く、『夜を守る者』の隊長が住まう、周壁にあるただ一つの塔から周壁へと出てきたキーラの影が、エリカに向かって手を振る。そのキーラに、エリカは手の中の剣帯を掲げて見せた。剣帯の表面は、エリカの血で汚れてしまった部分を切り取り、長さが足りるように縫い合わせた。そしてその縫い合わせを支えるように取り付けた裏地は、弟の上着から取った。母が織った布を切ってしまうのは、悲しかった。しかし命の恩人であるキーラに、汚れたままの剣帯を返すのは、エリカの心が許さなかった。
「これ……!」
 周壁を降り、エリカから剣帯を受け取ったキーラの瞳が大きくなる。
「綺麗になってる! ありがとう!」
 そして。
「この、裏の布、は?」
 首を傾げたキーラに、首を横に振る。何も、訊かないで欲しい。それが、エリカの正直な気持ち。
 と。
「来て」
 不意に、キーラがエリカの腕を強く掴む。たちまちのうちに、エリカの身体は、キーラが住まう塔の最上階、キーラの執務室に辿り着いていた。
「これ、見て」
 執務室に設えられた巨大な隊長用の机の引き出しからキーラが取り出したのは、見覚えのあるもの。逃げ出すときに置き去りにせざるを得なかった、母や祖母が使っていたものと寸分違わぬ、布を織る道具一式!
「私の母が、使ってたの」
 私には、使えないけど。俯いて笑うキーラの横顔が、夕日に映える。今からずっとずっと昔、まだ『始まりの都』ができたばかりの頃のこと。キーラの先祖であり、『夜を守る者』の最初の隊長でもあったライナが世話をしていた、平原に向かう途中で病気になってこの城塞都市に滞在していた人々の一人に、ライナは縞模様の織り方を習った。その縞模様は『夜を守る者』の、魔物を制する為の剣を吊す帯として、優しき魔物との盟約の印である『歯牙』とともに代々受け継がれ、『夜を守る者』の印の一つとなった。だが、年々力を蓄えていく魔物の攻勢が故に、キーラの母はキーラやキーラの妹であるアイラに縞模様の織り方を伝える前に、『始まりの都』を守る為に優しき魔物に変じ、盟約を果たして夜明けの光に消えた。だからもう、この縞模様を織れる者はいない。キーラの話に、エリカも俯いて涙をこらえた。エリカも、縞模様を織ることは、できない。全ては、絶えてしまうのだろう。この『始まりの都』も、……『夜を守る者』も。だが。
〈今は、縞模様は織れない、けど〉
 もう一度、キーラの机に置かれた懐かしい器具を、見つめる。縞模様を織っていた祖母の手つきは、見て覚えている。いつか、エリカにも、キーラが身に着ける縞模様の剣帯を織ることが、できるかもしれない。だから。
「あの」
 おずおずと、言葉を紡ぐ。
「その、機織り道具、譲ってもらえませんか?」

(終)
2016.5.28.  風城国子智(作者の現状と若干の注意)

WindingWind 風城国子智