刃に問う

「叔母上が、従妹のユリアと婚約するよう、言ってきている」
 先程タウノが手渡した書簡を手にうつむいた、カイの口から、思いもかけない言葉が漏れる。その言葉と共に顔を上げたカイの、普段は見ない苦い表情に、タウノは微笑をかろうじて堪えた。
「婚約者、なんて……」
 そのタウノの前で、隊長用の広い机に両肘をついたカイが、大きく息を吐く。カイの躊躇いは、分かる。『白き土』の所為で今は殆どが不毛の地と化してしまった『平原』から逃げ出す人々を匿い、平原を囲む丘の向こうへと送り出す砦である『始まりの都』を、平原を跋扈する魔物達から守る『夜を守る者』にとって、死は、すぐ隣にあるもの。明日のことなど分からない、その長に、婚約者など、似合わない。……いや、カイはまだ正式には『長』ではないが。だが。タウノにとっては従妹であるアイラがそう言ってきた理由も、タウノには手に取るように分かった。不明の父を持ち、母すら過酷な運命の中で亡くしてしまったたった一人の甥に新しい家族を与えたい。アイラの申し出は、それが、理由。
「タウノは、ユリアを見たことがある?」
 青年と呼ぶには幼すぎる面立ちのカイを見下ろし、思考を巡らせていたタウノの耳に、不意に、首を傾げるカイの声が響く。
「いいえ」
 そのカイの、母であり、『夜を守る者』の前の長でもあったキーラと同じ顔を見やり、タウノは短く答えた。
 平原を探索する任務を帯びた『翼持つ者』の一員であったカイの叔母アイラは、目印の無い平原で遭難し、全てを枯らす『白き土』でも育つ植物を探していた学者に助けられた。その学者と愛を育んだ結果が、ユリアと言う名の少女。そして、ユリアを孕んだアイラがこの『始まりの都』を離れ、丘を越えたすぐ先にある小さな街を支配している貴族であるタウノの両親に保護された後すぐに、タウノの両親は、反りの合わなかった一人息子を、義務を名目に『始まりの都』へと追い出した。だから、アイラは知っているが、ユリアのことは、知らない。それで、良いのだろう。カイには分からないように、タウノは薄く笑った。タウノを追い出した両親のことは、既に許している。ぎすぎすとした狭い街での生活よりも、このぼろぼろな『始まりの都』で仲間と笑い合う方が、タウノの性には合っていた。それに、……キーラも、いた。懐に隠した短剣を思い出し、タウノは少しだけうつむいた。
「ところで」
 沈んだ心をごまかすために、話題を変える。
「隊長就任への異議申し立て期間も、今夜で終わりますね」
「ああ」
 叔母からの書簡を脇に置いたカイの頷きに、タウノは今度ははっきりと口の端を上げた。
 『始まりの都』を守護する『夜を守る者』の長になるには、いくつかの条件がある。『夜を守る者』の初代隊長であるライナの血を引いていること、ライナと盟約を交わした優しき獣の牙を身に付けることを許された『夜を守る者』の正式な隊員であること、そして、『夜を守る者』の隊員全てを打ち負かす力を持っていること。『始まりの都』を守る為、キーラが牙を手に一夜限りの獣へと変じ、亡くなった後、新しい隊長へと名乗りを上げたカイは、公的には、自分より年上の者ばかりである『夜を守る者』所属の隊員全てを一対一の試合で破っている。しかしながら。満月から次の満月までの間、隊員達は、隊長候補を闇討ちする権利を持っている。もちろん、謀を巡らせた上で、複数人で隊長候補を屠ることも可。だが、カイを襲った隊員達の全てが、その顔に痣を作ってしまっていることを、タウノはしっかりと知っていた。対して、襲われたカイの方には傷一つ無い。寝込みを襲われたこともあるはずなのに、平然と、少しだけ青白い顔で、隊長用の机の上に散らばる書類を片っ端から処理している。少年らしさというものは、カイにはないのだろうか? そのカイを再び見下ろし、タウノは肩を竦めた。隊長の責務は、重い。この砦に逃げ込んだ人々の世話や、丘の向こうからこの平原の支配権を行使している帝国とのやりとり、そして、獣となり朝焼けに消えた隊員が遺した一対の牙の片方を葬り、もう片方を飾り紐で飾りたて、次の正隊員に渡す。特に最後の職務は、並大抵の人では務まらない。かつては仲間であった者の牙を墓地に葬る度に泣いていたキーラの腫れた目蓋を思い出し、タウノは再び首を横に振った。
 気分を変えるために、そっと横を向く。だが、部屋の壁に掛けられた、鋭い牙に飾り紐を取り付けた首飾りに、タウノは唇の震えを止めることができなかった。カイが編んだ飾り紐の下で揺れているその牙は、『始まりの街』を護るためにキーラが変じた獣が、たった一つ、遺したもの。壁にきっちりと留め付けられた飾り紐を、タウノは鋭く見詰めた。
「そういえば、ブランとはまだ勝負してなかったな」
 そのタウノの前で、不意にカイが顔を上げて部屋の入り口の方を見る。振り向くと、水の入った重そうな桶を手にした小さな影が、きょとんとした瞳をカイに向けているのが、見えた。平原を捨て、この砦に逃げ込んできた人々の一人、都の門のすぐ前で力尽きていた老齢の婦人の横で途方に暮れていたところをキーラが拾った小さな少年、ブランだ。
「え、でも、ぼくは、まだ、見習い、でも、ない、し」
 戸惑うブランの頭を、椅子から立ち上がって水桶を受け取ったカイが優しく撫でる。そのカイにキーラを再び重ね合わせ、タウノは、懐の短剣をぎゅっと、握り締めた。
 ――今夜、やらなければならない。

 その日の夜更け。
 身拵えを万全にしたタウノは、都の城壁に上がり、そして無言のまま、満月の光で明るい歩廊に立って平原の方を見つめるカイの首筋に、懐に忍ばせた短剣を振り下ろした。
「なっ!」
 タウノの闇討ちを予想してなかったのか、短剣の切っ先を素早く避けたカイの口から戸惑いの声が漏れる。そのカイが腰の剣に手を掛けるより先に、タウノはカイに肉薄し、一押しでカイの華奢な身体を歩廊の石床に倒した。
 倒されてもまだ抵抗するカイの胸に、短剣を突き刺す。だがその切っ先は、素早く身を捩ったカイの脇をすり抜け、固い石床に跳ね返った。
「タウノ!」
 身体をバネにして起きあがったカイが、今度は逆にタウノに肉薄する。タウノ自身が教えたカイの拳を首の動作一つで躱すと、タウノは短剣を持っていない方の手でカイの襟を掴んで締め上げた。
「ぐっ……」
 苦しげな声が、耳を打つ。
「何故、隊長に固執する?」
 血の気を無くした、キーラと同じ顔に、タウノは長年の疑問をぶつけた。『夜を守る者』の長の責務は、カイには重過ぎる。キーラにも、……重過ぎた。なのに、キーラも、そしてカイも、何故、その責務を背負おうとする?
「皆を、ここから無事に脱出させる為」
 小さな声が、カイの、震える唇からこぼれる。
「誰も、あの『獣』には、したくない」
 続いて響いた、はっきりとした声に、タウノはカイの襟から手を離した。
 と。不意に、タウノの目の端を、黒い影が過ぎる。
「魔鴉!」
 次に聞こえたのは、カイが石床を蹴った音。
 砦の城壁を越えそうになった、黒い翼を持つ魔物を、剣一つで次々と滅していくカイ。そのカイの、しなやかで力強い動きに、タウノは一瞬、らしくなく見とれた。しかしながら。次の一瞬で、自分の職務を思い出す。大柄なタウノよりも更に巨大な黒色の鴉を退治しながら砦の外の薄明の地面に着地したカイを確かめると、タウノは手近の槍を真っ黒な翼に向かって投げ、空の魔物が全て消えたことを確かめてから地面へと降りる階段の方へと走った。
 息を弾ませたまま、『始まりの都』の城壁の外に出る。僅かな朝日に照らされた白い地面にいたのは、人の姿のままのカイ、ただ一人。そのカイの、疲れで震える背に、タウノは再び短剣を振り下ろした。その切っ先も、簡単に外される。だがやはり疲労があったのだろう、短剣をかわしながら斜めに崩れたカイの、無防備な胸に、タウノは躊躇うことなく短剣を突き刺した。次の瞬間。倒れたと思ったカイの腕が、タウノの腕を強く掴む。次にタウノが感じたのは、頬から頭全体を貫いた衝撃と、意外に温かい不毛の地面。そして。タウノの横に倒れたカイの、傷も血も見えない華奢な胸に、タウノは一人、微笑んだ。

 カイに殴られた左頬を撫でながら、城壁の地下へと降りる。先程、正式に『夜を守る者』の長として認められたカイが身に付けていた剣帯と同じ模様が見える、石と石灰とでしっかりと作られた城壁の青黒い基礎部分を見やってから、タウノは手にしていた、カイを刺した短剣の柄を、土の地面に置いた。この短剣の切っ先は、この場所に埋められた、『夜を守る者』の初代隊長ライナと盟約を交わした優しき獣の胸の中。カイの胸を貫いた切っ先は、幻。
「全く」
 痛む頬を撫でながら、一人、毒づく。
「皆で揃って『卑怯者』と詰らなくても良かろうに」
 満月から満月まで、定められた期間以外に隊員が隊長候補を襲うことは、ルール違反。それでも、タウノがカイに刃を向けた理由は、カイの覚悟を知るため。そして、……ここに葬られた獣に、頼まれたから。
「これで、良いのか?」
 何もない空間に、尋ねる。
 タウノが常に追っていた、キーラの背が見えた気がして、タウノはもう一度、尋ねた。
「良いのか、キーラ?」
 答えは、無い。タウノに背を向けたまま、キーラの幻も、消えた。それで、良いのだろう。タウノはただ一人、ゆっくりと、頷いた。
 

(終)
2016.3.22.  風城国子智(作者の現状と若干の注意)

WindingWind 風城国子智