『魔導書』に転生した俺と、あいつとの日々。

番外編 誕生日三景

[サシャ]
 北方には珍しい日差しが揺れる図書館で、真面目に書物を読み解いているサシャに、ふと思いついて尋ねる。
[誕生日、いつ?]
「煌星祭の前日」
 覚えやすい日だな。たわいもないトールの質問に小さく微笑んだサシャの答えに、トールの唇からも笑みがこぼれた。
 だが。
「煌星祭の日は神殿使えないから、前日に契りを結んだんだって」
 次に出てきたサシャのさらっとした言葉に、小さく「あっ」と声を上げる。
 トールが『祈祷書』として転生しているこの世界では、誕生日は、この世界の『神』に祈り誓うことで二親のどちらかに子供が宿る『契りを結ぶ』日のこと。サシャと一緒に読んだ法学の本の内容が、頭を過る。すなわち、トールの世界で言う『受胎日』が、サシャの世界で言う『誕生日』。と、すると。中学校で習ったことを思い出しながら、頭の中で指を折る。トールの世界と同じ時間、親の腹の中で子供が育つのなら、サシャの、トールの世界で言う『誕生日』は、……七月下旬? 確認するためにもう一度計算し直してから、トールはサシャに分からないように微笑んだ。
「トールの、誕生日は?」
 そのトールの耳に、あくまで無邪気なサシャの声が響く。
[そ、それは……]
 両親のプライバシーに拘わる、の、で。出かかった言葉をギリギリで飲み込む。先程行った計算の逆をすれば良いだけ。冷静な部分の指示通りに、トールは再び小さく指を折った。
[き、煌星祭の五日前、くらい?]
「あ、じゃあ、近いんだ」
 大きく微笑んだサシャに、何とか頷く。
 そう言えば。不意に、関連した別の疑問が脳裏に浮かぶ。トールがこの世界に転生してきたのは、煌星祭の数日後。サシャと出会ってからまだ一年も経っていない。
[この世界、『誕生日』、祝うのか?]
 サシャの『誕生日』を祝う場面を、トールはまだ見ていない。再び、疑問のままに言葉を紡ぐ。
「子供は、祝うよ」
 身近な家族が、小さなプレゼントをくれる日。亡くなった母のことを思い出したのか、サシャの声が少し小さくなる。
「僕は、もう、大人、だか、ら」
[今度の誕生日、一緒に祝おうな]
 強がりを見せたサシャの言葉を隠すように、殊更大きく、『本』の表紙に文字を揺らす。
「俺の世界だと、結構大きくなっても、家族でお祝いしてたし」
 誕生日の度に父が作ってくれたケーキは、市販のものより甘さ控えめで、トールは美味しいと思っていた。優しい思い出をそっと、心に隠す。小学校も中学校も高校も、友達同士で誕生日を祝うことは校則で禁止されていたので、誕生日の思い出は、父のケーキと、母がネットで注文してくれた本のことだけ。でも。
 七月生まれなら、自分と同じ。再び、書物を紐解き始めたサシャの横顔に、友人達の顔が重なる。小野寺も、伊藤も、……トールと同じ七月生まれ、だった。

「もうすぐ、小野寺、誕生日なんだ」
 その声と同時に司が蹴ったボールが、梅雨で湿った空気を薙ぐ。
「だから、来週の試合、絶対にハットトリック決めてやる」
 司が蹴ると、ボールは曲がった軌道を取る。ゴールポストに当たったサッカーボールの白黒に、首を傾げる。曲がることを見越して、ゴールを狙えば良いのだろうか? いや、真っ直ぐ蹴ることができるようになった方が良い。
「友達同士のプレゼント交換禁止だし、試合で勝つ方が、小野寺、きっと喜ぶ」
 七月生まれだから、七月にちなんだ名前になった。前に小野寺が女友達に話していた言葉を、司には気付かれないようにそっと思い出す。その時に芽生えた、嬉しさも。
「今度は、真っ直ぐ飛ばす」
 司がもう一度蹴ったボールの軌跡を、目で追う。今度は、真っ直ぐゴールに入った。
「やった!」
 ガッツポーズを決めた司を横目に、ゴールの中で跳ねるボールを取りに行く。
「あ、俺の誕生日、七月末だから」
 今度はトールがボールを蹴る番。しっかりとゴールを見据えたトールの耳に、司のアピールが入ってきた。
「だから、夏休み入ってすぐの試合は、山川がゴールを決めてくれよ」
「うーん」
 蹴り方が悪かったらしく、トールが蹴ったボールはころころと転がりながらゴールを目指す。中学生になるまではポジションは固定しない。それが、このサッカークラブの監督の教え方。しかしトールは、どちらかと言えばディフェンスを任されることが多い。そのトールが、フォワードを任されることが多い司のようにゴールを決めることができるだろうか? 少しだけ首を傾げたトールは、しかしすぐに、司を見てこくんと頷いた。司が、誕生日プレゼントに試合での勝利を望むなら、頑張ってみよう。もう一度ゴールと向き合うために、トールは転がったボールを拾いに行った。

「そう言えば」
 しょぼしょぼし始めた目をPC画面から逸らし、机の横の飴を口に入れてから、横でノートPCを操る文乃に尋ねる。
「山川の誕生日、って、いつだったんだ?」
「知らなかったの?」
 間髪入れず、呆れた声が返ってきた。
「七月十七日」
「え?」
 文乃が口にした日付に、口の中の飴を飲み込みそうになる。司の誕生日が七月三十一日、文乃の誕生日が七月三日、だから。
「私たちの誕生日の丁度真ん中が、山川君の誕生日」
 本当に、知らなかったの? 大きめの飴を舌で転がしながら指を折り始めた司の耳に響いた声に、照れた笑みを返す。大学に入るまで、友達同士で誕生日を祝うのは校則で禁止されていたから、文乃の誕生日を初めて祝ったのも、大学院に入って同棲を始めた後。透の誕生日も、いつか祝いたいと思っていたのだが、誕生日を聞き出す前に、透は、不運な事故で亡くなってしまった。
 大学一年の時にでも、文乃と三人で誕生日を祝えば良かった。小さな後悔が、胸を噛む。大きめの液晶ディスプレイに向き直り、大学院の課題に集中することで、司は心を戻した。透のことは、忘れない。でも、後ろ向きにはならない。それは、文乃と二人で決めたこと。大学院進学をきっかけに同棲を始めたのも、透なら、きっと祝福してくれると、思ったから。
 透は、甘いものは好きだろうか? ふと、いたずらに似た感情が、芽生える。透の誕生日に、郊外のお寺の奥にある透の墓にケーキを供えたら、怒られるだろうか? もちろん、透には悪いが、供えたらすぐに、司が全部食べてしまう予定だが。口の中にある甘さの中に温かさと寒さを同時に覚え、司は小さく咳き込んだ。